紺藤織物の歴史

紺藤織物の歴史

沿革

1919年(大正8年) 高島市新旭町藁園にて山川吉蔵・藤市(親子)が紺藤織物工場を創業し、帆布の製造を開始
1961年(昭和36年10月 紺藤織物株式会社として資本金200万にて法人に改組 代表取締役として山川隆吉が就く
1965年(昭和40年7月) 合繊部門の一部を分離し旭合繊維株式会社を設立
1967年(昭和42年5月) 合繊ベルト部門に進出
1979年(昭和54年5月) シンガポール工場合併会社設立(1979年~1995年)
2000年(平成12年6月) ISO9001 認証取得
2006年(平成18年1月) 5S改善勉強会開始
2007年(平成19年3月) エコアクション21(環境システム)認証取得
2012年(平成24年11月) 会社設立50周年を迎える
2016年(平成28年4月) 新工場(撚糸・整経工場)設立
2016年(平成28年6月) 関西資材(株)出資

歴史で見る紺藤織物の歴史

PAGE TOP